先天性サイトメガロウイルス感染症とサイトメガロウイルスワクチンの話題

スポンサードリンク

先天性サイトメガロウイルス感染症の予防

現在、妊娠可能な女性のサイトメガロウイルス抗体の保有率が低下してきており、
70%を切っているといわれています。

 

 

サイトメガロウイルスの抗体を持っていない場合、
妊娠中に妊婦がサイトメガロウイルスに初感染する可能性があります。

 

 

そうすると、赤ちゃんに先天性サイトメガロウイルス感染症を
発症することがあります。

 

 

先天性サイトメガロウイルス感染症については、
2013年現在一般の方の認知度はまだまだ低い状態です。
先天性サイトメガロウイルス感染症になってしまうと、
赤ちゃんが生まれながらに障害を持つ、そうした可能性が出てきますので、
この疾患についての認知度を上げる努力、
また妊娠中の感染予防対策について、広く啓蒙していくことが必要です。

 

 

 

 

先天性サイトメガロウイルス感染症の予防記事一覧

妊娠中のサイトメガロウイルス感染予防〜子どもとの接触要注意!

サイトメガロウイルスについてのスクリーニング検査を行っている産科施設は、全体の4.5%にとどまります。検査をしても、症候性先天性サイトメガロウイルス感染症でなければ、現実的には治療対象とならないこと、また、治療薬そのものが保険適用がないため、非常に高額な治療費がかかること、また治療効果ももちろん根治...

≫続きを読む

 

 
先天性CMV感染症の症状 先天性CMV感染症の診断 サイトメガロウイルスワクチン