先天性サイトメガロウイルス感染症とサイトメガロウイルスワクチンの話題

スポンサードリンク

先天性サイトメガロウイルス感染症の治療

先天性サイトメガロウイルス感染症の治療・・・
まずは治療方法の内容に言及する前に大事な確認要件があります。

 

 

 

 

 

それは、

 

 

2013年現在、

 

先天性サイトメガロウイルス感染症の治療として使用される薬剤、
免疫グロブリン、ガンシクロビル、ホスカルネットなどの治療薬には保険適用がない

 

 

ということです。

 

 

これは現実的には重大事項ですし、
診断を進めるかどうか、その範囲に及んで議論の対象となる事項です。

先天性サイトメガロウイルス感染症の治療記事一覧

無症候性先天性サイトメガロウイルス感染症は治療対象にならない

先天性サイトメガロウイルス感染症の診断をルーチンで行っても、現状では現場が混乱する可能性が高い、親も医療者側も判断に悩むことが多くなる、と私が考える理由として、無症候性先天性サイトメガロウイルス感染症は治療対象にならないということがあります。厚生労働省研究班で作成した治療プロトコールを記載しておきま...

≫続きを読む

 

先天性サイトメガロウイルス感染症にかかる驚愕の治療費用

先天性サイトメガロウイルス感染症は、症候性のものは出生時点である程度症状が固定化されており、薬剤治療を行っても効果がないと考えられていましたが、その後の研究により、難聴や精神発達遅滞の進行を抑えることが可能である、というデータが出てきました。これにより、症候性先天性サイトメガロウイルス感染症の患者に...

≫続きを読む

 

先天性サイトメガロウイルス感染症が疑われる児のフォローアップと治療

厚生労働省科学研究費補助金成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業、「先天性サイトメガロウイルス感染症対策のための妊婦教育の効果の検討、妊婦・新生児スクリーニング体制の構成及び感染新生児の発症リスク同定に関する研究」のサイトに記載されている文章を引用しますと、以下のように記載されています。出生児の精査、...

≫続きを読む

 

 
先天性CMV感染症の症状 先天性CMV感染症の診断 サイトメガロウイルスワクチン