先天性サイトメガロウイルス感染症とサイトメガロウイルスワクチンの話題

スポンサードリンク

先天性サイトメガロウイルス感染症の診断

このカテゴリは、
先天性サイトメガロウイルス感染症の診断について書いています。

 

 

先天性サイトメガロウイルス感染症の検査を、
妊娠中のスクリーニングとして行っている施設は、
全国的な調査によると全体の4.5%にとどまります。

 

 

赤ちゃんに神経発達障害をきたす可能性のある疾患の検査を、
何故積極的に行わないのか?

 

 

そこには現状の治療レベル、保険適応の問題など、
複雑な問題が絡んでいるのです。

 

 

先天性サイトメガロウイルス感染症の診断記事一覧

先天性サイトメガロウイルス感染症診断上の問題点@persistent IgM

妊娠中にサイトメガロウイルスに初めて感染してしまうと、赤ちゃんが先天性サイトメガロウイルス感染症になってしまうことがあります。サイトメガロウイルスは子供の唾液や尿などにいますので、妊娠中の女性は唾液や尿などへの接触に注意が必要です。「妊娠中の女性は、サイトメガロウイルスに感染する可能性があるものに対...

≫続きを読む

 

先天性サイトメガロウイルス感染症診断上の問題点AIgG Avidityの検査時期

先天性サイトメガロウイルス感染症診断上の問題点、今回はIgG Avidityという検査とその実施時期についてのお話です。まず、妊娠中のサイトメガロウイルス検査の流れを示します。上記のように、IgMが陽性であった場合、IgG Avidityを調べることになります。※IgG Avidityとは?IgG ...

≫続きを読む

 

先天性サイトメガロウイルス感染症の検査:IgG Avidity

従来の血清学的な方法では、サイトメガロウイルス感染における母体の初感染の証明には課題が多かったという事実があります。妊婦のサイトメガロウイルスの検査の流れでも確認できますが、まずIgGを測定した後、次にIgMを測定することになります。ここまでの検査は以前から可能でしたが、IgM陽性といっても、per...

≫続きを読む

 

 
先天性CMV感染症の症状 先天性CMV感染症の診断 サイトメガロウイルスワクチン