先天性サイトメガロウイルス感染症とサイトメガロウイルスワクチンの話題

スポンサードリンク

先天性サイトメガロウイルス感染症の症状

先天性サイトメガロウイルス感染症の症状は、

 

 

出生児の低出生体重、肝脾腫、肝機能異常、小頭症、
水頭症、脳内石灰化、紫斑、血小板減少、貧血、
黄疸、網膜症、白内障、肺炎、痙攀、などですが、

 

 

これらの症状がすべて認められるわけではありません。

 

 

また、実際にはこうした症状を全く認めない、
無症候性先天性サイトメガロウイルス感染症の方が頻度的には高いのです。

 

 

診断、治療と絡めて、先天性サイトメガロウイルス感染症は
非常に難しい、悩ましい問題を抱えた感染症です。

 

 

先天性サイトメガロウイルス感染症の症状記事一覧

先天性サイトメガロウイルス感染症の症状と母子感染

妊娠中にお母さんがサイトメガロウイルスに初感染すると、胎児に先天性サイトメガロウイルス感染症を発症することがあります。先天性サイトメガロウイルス感染症の症状は、●出生児の低出生体重                       ●肝脾腫●肝機能異常●小頭症●水頭症●脳内石灰化●紫斑●血小板減少●貧血●...

≫続きを読む

 

 
先天性CMV感染症の症状 先天性CMV感染症の診断 サイトメガロウイルスワクチン