先天性サイトメガロウイルス感染症とサイトメガロウイルスワクチンの話題

スポンサードリンク

先天性サイトメガロウイルス感染症とサイトメガロウイルスワクチン

妊婦さんが妊娠中にサイトメガロウイルスに初感染すると、
胎児に先天性サイトメガロウイルス感染症を発症することがあります。

 

 

サイトメガロウイルス自体は珍しいウイルスではありませんが、
若い世代の妊娠可能な女性のサイトメガロウイルス抗体保有率が、
現在日本人女性においては70%を切っているといわれます。

 

 

 

 

※サイトメガロウイルスが感染した細胞は、
特徴的な核内封入体が認められます。
目ん玉、のように見えますね。

 

 

そうした背景の中、先天性サイトメガロウイルス感染症が大きな問題と
なっています。

 

 

先天性サイトメガロウイルス感染症は、
胎児に低出生体重、小頭症、出血斑、血小板減少、
など様々な症状を呈することがあります。

 

 

また、一見無症状であっても、
出生後に難聴を呈する場合があり、
さらには有効な治療法が無いことから、
(※難聴に有効性が認められる治療はありますが、
保険適応外ですし、その他の症状に対して特効薬が
あるわけではありません)
その管理指針が定まらないことが問題です。

 

 

実際の医療現場においては、
杓子定規に物事が決まるわけではありません。
スクリーニング検査をすれば良い、というだけの話には
とどまらず、「スキマ」領域の判断に困る症例が
出てきます。

 

 

現実的にできることとしては、先天性サイトメガロウイルス感染症への認知度向上の
ための啓蒙活動、また、妊娠中の感染を防ぐためのサイトメガロウイルス感染予防
についての啓蒙活動でしょう。

 

 

そしてその先には、治療薬の保険適用化、治療方法の進歩、
出生後の児の管理・フォローアップについてのガイドラインの作成、
さらに根本的にはサイトメガロウイルスワクチンの開発が望まれます。

 

 

 

 


 
先天性CMV感染症の症状 先天性CMV感染症の診断 サイトメガロウイルスワクチン